日本人

欧州連合オーケストラ指揮者コンクール

ブルガリアホール(http://sofiaphilharmonie.bg/index.php/bg/)は、アルテス国立オーケストラ、(http://www.artesitalia.it/events/), コダーイフィルハーモニー管弦楽団(http://www.kodalyfilharmonia.hu/ )そして パザルジク交響楽団(http://pazardzik-symphony.com/en/symphonic-orchestra-pazardzhik/), と共同で、ミラノのブルガリア総領事館後援の元第一回 “欧州連合オーケストラ指揮者コンペティション” を開催します。

このコンペティションは、国籍、年齢を問いません。
このコンペティションは、ソフィアとパザルジク(ブルガリア)において、 2018年1月8日から13日の日程で開催されます。
賞としてのコンサートはイタリア、ハンガリー、ブルガリア、チェコ共和国、ポーランドで開催されます。

規則:
このコンクールには2つの段階があります。予備審査は2017年5月1日から2017年9月30日の期間で、ビデオと書類にによる審査が行われます。その後の審査は1月8日から13日の期間に、ソフィアとパザルジクで開催されます。最終選考には、ブルガリア、ソフィアにあるブルガリアホールにおける公開コンサートが含まれます。

1. 応募資格
国籍や年齢に関わらず、すべての指揮者に応募資格があります。

2. 予備審査
申し込み受付期間:2017年5月1日〜2017年9月15日
二つのビデオのリンクを送ること。審査員によって審査されます。

ビデオに関する詳細
どの時代の曲でも構わない。アンサンブルのタイプは問わない。声楽でも器楽でも構わない。
ビデオはストリーミング形式で視聴できること。(ダウンロードの必要がないこと)。5分以上の長さであること。ビデオの少なくとも半分は正面から撮影されたものであること。
ピアノを指揮しているビデオの場合、選考対象となるためには、少なくとも二人の演奏者(4ハンドピアノ、もしくはピアノ2台)であること。

予備審査通過者に関して
予備審査通過者には2017年9月30日までにメールで通知されます。通過者の名前はウェブサイトでも発表されます。

コンクールの過程:
第一次予選:弦楽オーケストラ、1月8、9、10日
第二次予選:室内管弦楽、1月11日
セミファイナル:交響楽団、1月12日
ファイナル:交響楽団、1月13日

第一次予選には75名、第二次予選には20名、セミファイナルには10名、ファイナルには3名が選ばれます。

3. レパートリー
第一次予選:弦楽オーケストラ、75名対象
E. Elgar: Serenade for Strings in E minor op. 20 – Movement II, Larghetto
M. Karłowicz: Serenade for Strings Op. 2 – Movements I, March and II, Romance
P.I. Tchaikovsky: Serenade for strings in C major op. 48 – Movements II, Valse and IV, Finale
各指揮者15分間のリハーサルタイムが与えられます。

第二次予選:室内管弦楽、20名対象
L. van Beethoven: Symphony n° 5 I movement
B. Bartók: Romanian folk dances
G. Rossini: Sinfonia from “Cenerentola”
各指揮者15分間のリハーサルタイムが与えられます。

セミファイナル:交響楽団、10名対象
G. Fauré: Prélude from Pelléas et Mélisande orchestral suite, Op.80
A. Dvorak: Praeludium: I, Pastorale (Allegro moderato) and V, Finale: Furiant (Presto)
M. De Falla: Danza ritual del fuego from “El Amor Brujo”
各指揮者30分間のリハーサルタイムが与えられます。

ファイナル:交響楽団、3名対象
グループ A
F. Schubert: Symphony No. 9 in C major, D. 944, II Mov. Andante con moto

グループ B
J. Sibelius: Symphony No 2 in D major, Op 43, IV Mov. Finale: Allegro moderato

グループ C
P. I. Tchaikovsky: Symphony No.5 in E Minor, Op.64, I Mov. Andante – Allegro con anima

ファイナルには3名が選ばれます。各指揮者にグループが割り振られます。50分のリハーサルで、割り振られたグループの曲をリハーサルします。
同日にコンペティションの一部として、一般公開のコンサートがあります。このコンサートでは、それぞれの指揮者は割り振られた曲を指揮します。

コンサート用のスーツ、ドレスを準備すること。

最後のコンサートの後に優勝者が一般客の前でアナウンスされます。
曲はそれぞれの予選の前夜に通知されます。応募者は、レパートリーの曲すべてを知っていること。

4. 賞
第1位:
• 賞金:1,250.00ユーロ
• コダーイフィルハーモニー管弦楽団(http://www.kodalyfilharmonia.hu/)の2019年イタリアツアーにおいて、ミラノの主要な劇場で1回の演奏会*
• コダーイフィルハーモニー管弦楽団(http://www.kodalyfilharmonia.hu/)の2019年イタリアツアーにおいて、イタリアの二つの主要な劇場で2回の演奏会*
• オパワ国立劇場(http://www.kodalyfilharmonia.hu/)(チェコ共和国)の2018/2019 シーズンでオペラ公演の指揮を1回
• パザルジク(ブルガリア)でのパザルジク交響楽団(http://pazardzik-symphony.com/en/symphonic-orchestra-pazardzhik/)2018/2019 シーズンで1回の演奏会
• ABL指揮棒ケース付き
• 公式な証書
*ツアーの詳細はウェブサイト上に掲載されます。

第2位:
• 賞金:900.00ユーロ
• デブレツェン(ハンガリー)でのコダーイフィルハーモニー管弦楽団(http://www.kodalyfilharmonia.hu/)2018/2019 シーズンで1回の演奏会
• ウォムジャ(ポーランド)でのヴィトルト・ルトスワフスキ室内フィルハーモニー管弦楽団( http://www.filharmonia.lomza.pl/)2018/2019 シーズンで1回の演奏会
• ABL指揮棒ケース付き
• 公式な証書

第3位:
• 賞金:650.00ユーロ
• パザルジク(ブルガリア)でのパザルジク交響楽団(http://pazardzik-symphony.com/en/symphonic-orchestra-pazardzhik/)2018/2019 シーズンで1回の演奏会
• ABL指揮棒ケース付き
• 公式な証書

セミファイナリスト全員にセミファイナリストとしての公式証明書が発行されます。
予備審査を通過した方には参加証明書が発行されます。
最終選考は一般公開になります。国際エージェントも来場します。

5. 審査員
国際的な審査員は以下のメンバーによって構成されます。

予備審査段階:
M° Massimiano Caldi (イタリア); M° Grigor Palikarov (ブルガリア); M° Jan Miłosz Zarzycki (ポーランド)

第一次予選以降:
M° Vittorio Parisi (イタリア), 審査員長, ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院議長;
M° Ludek Golat (チェコ共和国), 元モラビアン・シュレジエン国立劇場監督;
M° Grigor Palikarov (ブルガリア), パザルジク交響楽団音楽監督;
M° Daniel Somogyi-Tóth (ハンガリー), ダイフィルハーモニー管弦楽団音楽監督;
M° Jan Miłosz Zarzycki (ポーランド), ヴィトルト・ルトスワフスキ室内フィルハーモニー管弦楽団芸術監督;
備考:審査員全員が初日から最終日まで参加。病気や他の不可抗力で参加が不可能な場合、主催者側で代わりの国際的なマエストロを見つけます。

6. 応募
2017年9月30日12:00 pm GMTまでにウェブサイトの応募フォームを記入すること。
問い合わせ:eu.conducting.competition@gmail.com

7. 参加費
予備審査への参加費は95.00ユーロ(PayPal での支払いの場合5%の費用がかかります)
第一次予選へ進んだ方は、予備審査申し込み時と同じ方法で2017年11月15日までに参加費200.00 ユーロを支払うこと。
支払いは前回と同じ方法ですること。

8. 交通の便宜
ソフィア空港からコンペティションの会場までの交通は主催者側で用意します。

9. コンクール期間中の著作権・個人情報(写真、映像)などの利用について
応募者は、コンクール参加申込時に、テレビやラジオの録音の権利を主催者側に譲渡したとみなされます。ステージ上または他で撮影された写真も含まれます。
応募者はまた、コンクール参加申込時に、応募者の名前と写真をプレスリリースで使用することを許諾したものとみなされます。

10. 規則について
コンペティションへの参加することは現在のルールを受け入れたとみなされます。主催者は、何らかの問題が発生した場合に、コンペティションの規則を変更する権利を保持します。その場合には企画者は速やかに変更について通知を行います。法的措置について、英語版の内容が優先されます。管轄裁判所はプラート(イタリア)です。